Log4J脆弱性に関する開発元の見解について (CVE-2021-44228・CVE-2021-45046・CVE-2021-45105・CVE-2021-44832)

Log4J脆弱性に関する開発元の見解について (CVE-2021-44228・CVE-2021-45046・CVE-2021-45105・CVE-2021-44832)

[2022/01/05更新]
CVE-2021-44832が新たに報告されていますが、Brava Enterprise/Blazon EnterpriseはLog4Jを使用していないため、本脆弱性への影響は無い、との見解が開発元より発表されました。
引き続き状況を注視し、新たな情報が得られましたら公開いたします

[2021/12/28更新]
CVE-2021-44228 の後、Log4j の追加の脆弱性 (CVE-2021-45046 と CVE-2021-45105) が報告されていますが、Brava Enterprise/Blazon EnterpriseはLog4Jを使用していないため、本脆弱性への影響は無い、との見解が開発元より発表されました。
引き続き状況を注視し、新たな情報が得られましたら公開いたします

[2021/12/16 更新]
2021年12月にCVE-2021-44228として報告されたLog4Jの脆弱性について、
Brava Enterprise/Blazon EnterpriseはLog4Jを使用していないので、本脆弱性への影響は無い、との見解が開発元より発表されました。

対象バージョン
・Brava Enterprise (16.0.0, 16.0.1, 16.0.2, 16.2, 16.3, 16.4, 16.5, 16.6(16 EP7, 16 EP7 Update Xを含む))
Blazon Enterprise (16.0.0, 16.0.1, 16.0.2, 16.2.0, 16.3, 16.4, 16.5, 16.6(16 EP7, 16 EP7 Update Xを含む))

引き続き状況を注視し、新たな情報が得られましたら公開いたします
    • Related Articles

    • Brava Enterpriseのログについて

      Brava Enterpriseで出力されるログには以下のようなものがあります: Bravaサーバー関連 Bravaサーバーログ Bravaサーバーの動作ログです。デフォルトではエラー発生時のログのみ記録されます。 Tomcat Catalinaログ Bravaアプリケーションが稼働しているサーブレットエンジンのログです。 Bravaサーバーログの内容と重なるところが多いですが、それ以外にTomcat自体の起動停止時のログも記録されます。 Tomcat Localhost Accessログ ...
    • ページ数の多いドキュメントが変換エラーになるのを回避する方法

      JobProcessorの変換処理にはタイムアウト値が設定されています。 ページ数の多いドキュメントは変換に時間がかかるため、このタイムアウト時間内に変換が完了せず、変換処理がタイムアウトエラーになる場合があります。 下記にすべて当てはまる場合、タイムアウトエラーが発生している可能性が高いと考えられます: 特定のドキュメントだけで発生する 該当ドキュメントのページ数が多い(1000ページ以上) (Brava ...
    • すかしやバナーについて

      Brava Enterpriseには、ドキュメント上にすかしを入れたり、ドキュメントの隅にバナー文字を入れる機能が用意されています。 この記事では、すかしやバナーの概要について説明します。 すかし/バナーの種類 すかしやバナーは、大きく分けて以下の三種類があります。 画面すかし/バナー:        ビューア上に表示する際に入れるすかし/バナー 印刷すかし/バナー:        ビューアから印刷出力する際に入れるすかしやバナー ...